相続専門家の事例 HOME > 相続専門家の役割とは?

相続専門家の役割とは?

相続問題の相談先としてどの専門家が最適なのかの参考としてお使い下さい。自分の相談内容に合った専門家を選びましょう。

税理士 相続に関する税務全般の相談は税理士にするのが一般的です。相続税の納め方や節税の方法、申告書の作成方法などについて相談できます。
税理士は、各税理士会、金融機関、不動産会社などで紹介してもらうことも可能ですが、税理士にも得意不得意な分野はありますので、相続の経験が豊富な税理士をおすすめいたします。
実際に相談に行く場合は、登記簿謄本や固定資産税の評価証明書など客観的な資料を用意しましょう。
弁護士 相続争いがこじれた場合には、弁護士に相談・依頼すると、法的な観点から適切なアドバイスがもらえ、トラブルに対する法的措置を講じてもらえます。
個人的に知ってる弁護士がいないときには都道府県の各弁護士会で、法律相談を受けて紹介してもらうことができますが、できれば経験豊富な信頼できる弁護士に相談することをおすすめいたします。
司法書士 司法書士は、さまざまな法的な手続にともなって必要になる書類を作成したり、申請の代行などをしてくれます。
具体的には、不動産名義の書き換えや所有権の異動などの申請書の作成と申請、戸籍謄本や固定資産税の評価証明書などの取り寄せを依頼することができます。
また、登記費用は、不動産の権利書などを提示すれば見積りを出してくれます。
なお、登記は書類をそろえて、法務局の相談窓口などで相談しながら、自分で手続を行うこともできます。
行政書士 遺言書の正確な書き方・添削・アドバイスや公正証書遺言の作成の手配をしてくれます。

専任コーディネーターが、相続の専門家の中からご希望に合った方をご紹介します。(紹介手数料など一切無料)

保存中0事例0専門家

相続の事例を見る

相続に強い専門家を探す

地域から専門家を探す

ご希望の都道府県を選択してください

ご利用ガイド